これで分かる!?工場の住み込みの求人とは


どんなところに住めるのか

工場の求人を探していると、住み込みの求人を目にすることがありますよね。住み込みでは、二つのパターンがあります。まず一つ目は、それぞれ個室を持っていて、トイレやお風呂などが共同になっている寮タイプです。食堂があり、そこで食事ができるようになっているところもあります。住んでいる従業員が自由に使える共同スペースがある場合は、同僚との交流をさらに深めていけます。二つ目は、借り上げアパートのタイプです。この場合は、それぞれが完全に独立した生活空間になるので、プライベートがしっかりと守られます。会社が負担してくれる範囲は、かなりバラツキがあります。家賃の他に、食費や光熱費など、どこまでが無料もしくは一部負担になっているのか、あらかじめしっかりと確認しておくようにしましょう。

住み込みの仕事で得られるメリットとは

住み込みの仕事では、あらかじめ住まいが決められているため、部屋探しで時間を費やすことがありません。また、通常なら必要な敷金や礼金もなく、引越に必要な初期費用も抑えられます。さらに、家賃も無料であったり、かなり安い金額になっています。食堂があるところであれば、食費も抑えることができます。つまり、住み込みの仕事では支出が少なくなり、お金を貯めるのには最適な環境になっているのです。そして、勤務地である工場までも近いので、満員電車に乗るストレスを抱えたり、通勤時間に時間を取られることがなく、その分自分の時間として使うことができます。また、同じ環境で働いている同僚とも距離が近いため、何か悩み事があっても相談しやすかったり、孤独を感じにくい環境になっています。

日総工産の求人情報なら