CADオペレーターとして就職するために大切な資質


細かい作業を根気強く続けることができること

CADオペレーターの主な仕事は、設計士からの指示に従ってCADソフトを使いパソコン上に図面を仕上げることです。図面は、少しでも狂いがあれば完成品に影響を与えるため、CADオペレーターは、細かい作業が得意な人に向いているといえるでしょう。また、CADオペレーターの仕事は、細かい作業の連続になるため、長時間パソコンの前に根気強く座っていることができる根気強さと忍耐強さも同時に求められます。ベテランのCADオペレーターは、パソコンの画面を数時間見続けても集中力が切れることがありません。

コミュニケーション能力があること

CADオペレーターは、パソコンの前に座っていることが多く、作業自体も一人で完結するのでコミュニケーション能力はあまり必要ないと感じる人が多いかもしれません。ですが、実際は設計士と細かく打ち合わせをしたり、図面が完成した後の技術職の人に質問を受けたりすることもありコミュニケーション能力が必要な仕事です。特に設計士がどのような意図で設計をしたかを読み取れなければ、細かい部分を図面におこすときに苦労することがあります。頻繁に誰かと接する仕事ではありませんが、そのかわり限られた時間で必要な情報を引き出す能力が大切になります。

向上心があり様々なことにチャレンジすること

CADオペレーターになるために必須の資格はありません。そのため、未経験者であってもCADオペレーターになることは可能です。ですが、CADの世界は非常に奥深く勉強すればするほど技術があがります。CADの中にも建築CADや機械CADなどの専門があり、自分に合った専門性を極めていくことも可能です。また、CADオペレーターから設計士や建築士になることも夢ではありません。様々な技術や知識を豊かにすることで、働き方の選択ができるようになります。例えば、会社に勤務するCADオペレーターから、フリーランスのCADオペレーターになることもできますし、設計士や建築士の資格を取得すれば自分で事務所を構えることもできます。向上心がある人にはどんどん道が開けていく世界です。

基本的なパソコンスキルがあること

CADオペレーターはパソコンで作業をする仕事なので、基本的なパソコン操作ができることは必須といえます。未経験者でもパソコンを使い慣れている人であれば、CADソフトになれることもそれほど苦労しないでしょう。パソコン初心者でCADオペレーターを目指したいという場合は、就職のまえにスクールに通うことがおすすめです。スクールでは、基本的なパソコン操作に加えて図面の読み方やCADソフトの使い方も教えてもらえます。そのため、スクール修了後は即戦力として働くことも可能です。

CADオペレーターは、パソコンがあれば在宅での勤務が可能です。そのため、主婦で子供が小さい人でもできる仕事です。