話題沸騰!?注目の中国メイクとヘアスタイル


強い意思を感じる中国メイク

中国メイクのポイントは陶器のような白い肌に、赤いリップやアイシャドー、釣り上げ気味の眉です。全体的に強いイメージがあるメイクで、可愛いらしい顔を目指すのではなく美しさを強調するようなメイクになります。アジア人の魅力を引き出して、よりキリッとしたイメージになるのです。

下地は透明感のあるブルーやラベンダーのコントロールカラーを使って、内側から発光するような肌を作ります。パウダリーファンデーションを重ねたら、メイク崩れを防ぐためにもパウダーを軽くはたきます。しっかりとノーズシャドーやハイライトを入れて、立体感をだすのもポイントです。

目元は赤やゴールドを使って、ゴージャスに仕上げます。まぶた全体に薄く赤いシャドーを広げたら、黒目の上の部分にだけ明るいゴールドを重ねます。より強いイメージにしたいときにはシャドーは丸く入れずに、目尻を中心に乗せていくのです。アイラインはブラックで、まつ毛の間を埋めて跳ね上げラインにします。眉毛は眉山を高めに設定して、長めにします。眉頭の毛はスクリューブラシで立てて、自然な毛流れを作るのも大切です。

最後に赤いリップを付けます。口紅はリップスティックから直接塗るのではなく、きちんと筆に取ってから唇に乗せるのがコツです。こうすることで真っ赤な口紅でも下品にならず、上品な印象になります。チークは使わずに、他のパーツの邪魔にならないようにするのが重要です。

中国風のヘアスタイル

中国の有名女優がしているヘアスタイルで多いのが、8対2や9対1で分けたものです。前髪も全て横に流したスタイルで、強めのメイクにも負けない髪型です。ドレススタイルからカジュアルスタイルにも合うので、使い勝手が良い髪型になります。耳にかけたり結いたりとアレンジもしやすいのがメリットです。毛先だけコテで巻けば、よりゴージャスになります。

中国風のヘアスタイルには、目元を強調した髪型もあります。前髪を揃えてカットして、目のギリギリの長さに設定するのです。赤いリップや赤いシャドーが生えて、アジアンビューティーになります。後ろの髪はストレートにして、クールにします。

三つ編みをして古風なスタイルにするのもおすすめです。髪をざっくりと2つに分けて、上から編み込みをします。頭皮にピッタリ付くようにキツめに編み込んで、毛先は三つ編みをして完成です。前髪はシースルーバングにして、余分な前髪は後ろ髪と一緒に編み込んでしまいます。きっちりゴムで結ぶと解れにくいです。古風だけどどこかあどけない、アジアらしいヘアスタイルです。

大切な日もヘアメイクで綺麗に仕上げたいならヘアメイク派遣があります。プロによる施術なので希望通りの仕上がりを実現できます。