工場の仕事の中でも比較的楽な業務を行いたい場合


昼勤と夜勤の交代制シフトがある工場は大変

工場で働くと比較的高額な時給をもらうことができますが、反面、仕事の内容が結構きついことが少なくありません。では、きつくない職場の探し方はあるのでしょうか。まず、シフトが複数あってローテーションして働くところは避けた方がいいでしょう。仮に昼勤と夜勤の二交代制だとすると、一定期間ごとに生活リズムが完全に逆転することになります。短い期間であればなんとか乗り切れるかもしれませんが、長く働こうとすると相当きつくなるはずです。

食品工場は腕力は不要だが立ちっぱなしなのが大変

求人広告に「体力に自信のある方」と入っている場合、これは文字通り、体力的にきつい仕事になります。工場の仕事における体力とは、持久力よりも腕力を示すことが多く、かなり重い物を持ち上げるような内容である可能性が高いです。では、食品工場の仕事はどうでしょうか。食品であれば重い物を持ち上げることはそれほどなさそうで、体力的にきつくない感じがしますが、実はそう単純ではありません。食品工場の場合、一日中、立ちっぱなしで入れ物に食品を詰めていくという仕事が多く、足腰にかなり負担がかかるでしょう。

梱包の仕事は比較的のんびりやれるので楽

機械を製造している工場での梱包の仕事、これは楽なことが多いです。製造ラインでの組み立ての仕事は、次から次へと基盤などが流れてきて自分のところでたまってしまうと後ろの人に迷惑をかけるので大変なのですが、梱包はライン作業の中でも最後であり、どんどん流れてきても積んでおけば済みます。よって、わりと自分のペースでできるのです。したがって、きつくない仕事を探している人は、昼勤しかない機械製造工場での梱包の仕事を見つけるといいでしょう。

住み込みの求人とは、寮付きの製造業や、リゾートバイトの仕事を指し、いずれも住居費が無料もしくは安いのが特徴です。職場によっては食事が無償や格安料金で提供される事もあるので、お金稼ぎには最適です。