求人募集の状況に見る保育士の転職のタイミング


職場に転職を伝える時期とは?

転職を考えている保育士は、予め職場に転職の旨を伝えておく必要があります。これは社会人として常識的なことであり、引き継ぎなどをしなければならないので、タイミングを見計らう必要があります。一般的に、保育所では11月頃から来年度の行事計画を立て始めます。そのタイミングで転職を考えていることを伝えておくことで、職場にかかる迷惑を最小限に抑えながら次の職場を探すことができるのです。そのため、11月頃には自分の意志を上司に伝える必要があります。12月になると職場も慌ただしくなるため、適切な時期を見計らって自分の転職の予定を伝えることが重要です。そうすれば、現在の職場も人員を勘案した上で次年度の行事計画を立てることができるからです。

求職活動はいつから?

保育士の場合、求人が出始めるのが1月から3月の間です。転職者の多くが4月から新しい職場で働き始めることを予定しているので、この時期に多くの求人が出始めます。そのため、1月ごろから求職活動を開始すれば、次年度の4月の転職に間に合わせることができます。予め現在の職場には退職することを伝えておけば、スムーズに転職活動をすることができます。ただし、注意しなければならないことは、現在の職場での仕事と転職活動を並行して行うことになるので、とても多忙を極めることになります。職員への仕事の引き継ぎなどもあるので、転職に掛けられる時間は限られます。そこで、保育士の転職専門のエージェントを利用することをおすすめします。

会社を運営している際に簡易的な保育園の福利厚生を持ちたいならば、保育士の派遣を大阪から呼び寄せることです。