意外とハードルが低い?外資系企業への転職!


外資系転職といえば、やはり英語?

外資系企業への転職と聞いてまず気になるのはやはり英語でしょうか。海外本社とのやり取りや、人事評価その他のシステムなど、あらゆる場面で英語を使用する必要がある、というイメージがあります。しかしながら、実際のところは必ずしも英語を使わなくても良い会社もあります。筆者は内資系2社、外資系2社での勤務経験がありますが、英語の使用機会で言うと内資系の1社が最も多かったです。次いで外資系の1社となりますが、もう1社の外資系での勤務時代には英語を使う事はあまりありませんでした。もちろん英語スキルが必須の業務もありますが、携わる業務で英語スキルが必要無ければ問題無いでしょう。英語力にはこだわらず、実際に携わる業務内容と待遇で検討するのが正解ではないでしょうか。

外資系はお給料が高い?

外資系というと高給取りな印象です。実力次第でどんどん出世!みたいな世界を想像するかもしれません。日本にまで進出してきて商売をしているのですから、会社自体にそれなりに競争力があり、待遇も良い所が多いように思います。実際、年収で提示される額を見るとそういう傾向があるように思います。しかしながら、退職金や福利厚生など、額面では判断できない部分では内資系と比較して差がある傾向がありますので、注意した方が良いかもしれません。

外資系への転職方法は?

転職サイトや転職エージェントからの紹介というのが最も一般的な転職方法です。現在日本では働き手が不足してきているように感じます。ご自分に得意な仕事があるなら、ハードルが高いと感じていた外資系企業でもそれを必要としてくれる機会が必ずあるかと思います。この機会に外資系への転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

外資系求人は過去よりも増えている傾向にあります。日本企業では珍しいような働きやすいシステム等が魅力です。