期間工の仕事選びの時に確認しておくべきことは?


主な業務内容や雇用契約の契約期間をチェック

期間工の仕事は、自動車メーカーや町工場などで募集されることがあり、企業によって採用基準は異なりますが、年齢を問わず人並み以上の体力がある人であれば採用されやすい状況となっています。そうした中、期間工の仕事に興味があるときには、各地の工場の主な業務内容を確認して自分に向いている職場を見極めることが大事です。例えば、工場内のライン作業などのルーティーンワークは、正社員と共に期間工が担当をすることが多く、未経験者も働きやすくなっています。また、企業によっては契約期間が満了した後に、勤務成績が優秀な期間工を対象にボーナスの代わりに慰労金が支給されたり、正社員登用を行ったりするケースもあるため、じっくりと条件が良い勤務先を選びましょう。

従業員用の寮が利用できる工場もおすすめ

従業員用の寮を完備している企業の工場の求人は、毎月の生活費を最小限に抑えられるため、多くの求職者の間で注目が集まっています。特に、住居費や水道光熱費が安く設定されている工場で働きたい時には、早めに求人に応募をして、担当者と希望の勤務地に配属してもらえるように交渉することがおすすめです。最近では、都市部を中心に期間工の離職を防ぐために、社員寮の設備を充実させたり、寮費を無料に設定したりする企業も増えており、出稼ぎをしたい人にとって好ましい状況となっています。なお、従業員の寮を利用する際には、プライベートの時間も職場の人と顔を合わせる機会が多くなるため、人間関係が良い職場を探すことがポイントです。

期間工は名称どおり、工場などの製造現場において雇用期間が決まっている仕事です。期間満了の度に契約は切れますが、継続して勤めると経験の多さを理由に通年雇用に至るケースもあります。