トラックドライバーの労働環境が変わろうとしています


慢性的なドライバー不足

近年、少子化により若年人口が減少していることと、免許制度の改正により普通免許で4トントラックに乗務できなくなったことから、トラックドライバーの数が不足しています。さらに時間帯指定など便利さを追求するあまり、配達の効率性が損なわれ、配達しても売り上げが上がらないという状況に陥っています。そんな状況からトラックドライバーを志す人がさらに減少し、現場の人員が不足する事態になっているのです。

かつては長時間労働が当たり前でしたが…

働き方改革が進んだこともあり、多くの企業で労働時間が減少しています。それはトラック業界にも波及し始めており、正社員で長時間走ることで比較的高い給料を稼ぐだけではなく、アルバイトなどの雇用形態で正社員の半分だけ走る。などの選択肢を持てるようになってきたのです。自由な勤務状況が実現すれば、ワークライフバランスの実現にもつながり、トラックドライバーの仕事の敷居が低くなるでしょう。負担が軽減されることから事故リスクの低下にもなります。

仕事の内容には魅力的な部分も

ドライバーの仕事は努力がそのまま成果につながり、コツコツと着実に仕事をこなしていく人に向いたものです。また営業職などのように人との駆け引きが必要なものではなく、配達のペースに慣れれば精神的な負担が少ない仕事と言えるでしょう。(それでも事故に注意することが前提ではありますが)

現状は多くの運送会社で人手が不足しており、今後の労働環境の改善も含めて狙い目の職種と言っても良いかもしれません。

トラックドライバーの求人は、大型車になると30万円以上稼げるケースもあるので、大型免許がある場合は応募してみる事をおすすめします。