保育士を目指すなら知っておきたい受験資格!


保育士の基本的な役割!

保育士は国家資格で子どもの保育と、保育に関する指導を保護者に対して行う事が出来ます。最も一般的な保育士の仕事は、保育する事が就労や療養等の事情で不可能な保護者に代わり、0から6歳迄の乳幼児の保育を保育施設で行う事です。子どもの人間形成に乳幼児期は非常に大事な時期です。1日の多くの時間を保育士は子どもと過ごします。保護者と同じ様に子どもにとって保育士は、信頼出来る存在である事が大事です。オムツ交換や排泄の介助又は着替え等で、保護者に代わり園児の身体を清潔に保ちます。他にも園児の水分補給を適切に行なったり、決まった時間に食事やおやつを適切な量提供します。生活のリズムを昼寝や休息を適切にとる事で作る等保育士の基本的な仕事です。

保育士資格取得の為の条件!

保育士になるには保育士資格が必要です。学校教育法に基づいた大学や短期大学、2年以上の専門課程の専門学校を卒業しているか又は在学中であれば、保育士国家試験は受験が基本的に可能です。中卒か高卒の場合は児童福祉施設において、一定時間以上の児童の保護に従事した経験が必要です。保育士不足改善の為以前は実施が年1回でしたが、年2回の実施が2016年から行われています。試験の内容は筆記と実技で、そのうち筆記試験は保育原理や教育原理及び社会的養護、児童家庭福祉や社会福祉、保育の心理学や子どもの保健、子どもの食と栄養や保育実習理論の8科目です。この筆記試験を全て合格した人だけが実技試験を受ける事が出来ます。保育士資格はこの実技試験合格をもって取得になります。

保育士の求人を大阪で探しているなら、種類が豊富ですから十分に比較しましょう。保育園だけではなく、福祉施設や民間企業でも保育士を募集しています。