業種ごとで変わる働き方と薬剤師全体に求められていること


薬局薬剤師と病院薬剤師の違い

薬剤師という仕事は、その人が人生において何に重点を置いているか、何を優先したいかによって選択が異なります。例えば、一般的に薬局薬剤師はプライベートと仕事をきっちり分ける事が出来、給与や福利厚生も安定しています。給与の上昇はあまり見込めないものの、結婚を機に転職する女性や、仕事終わりに自分の時間が欲しい方には特におすすめしたいです。また各店舗ごとに営業時間や営業日が決まっており、職場の選択肢が広くなっています。次に、薬の勉強がもっとしたい!と向上心に溢れる方に適した仕事が病院薬剤師です。薬剤師を志した方ならみな患者の健康に貢献したい思いは同じはずですが、知識のアップデートが頻繁に必要になるのがこの職種です。一つの病院内でも様々な科がある上に、薬剤部内にも製剤業務、DI業務、病棟業務など幅広い業務が存在します。学会に出る機会も多くあるので、薬剤師としての大きなスキルアップが可能です。一方で定時に帰宅することは難しい場合があり、夜勤などもありますので自分の時間が持てない方も多くいます。

薬剤師として求められる事

薬剤師の仕事内容は確かに業種によって特徴が異なりますが、薬剤師である以上生涯学習はすべての業種で必要です。薬物治療は日々複雑化していますし、薬剤師に求められる役割も二年ごとに見直しがされ、変化が著しいです。例えば薬剤師は薬のプロではありますが、これまでのモノ中心だった業務から脱却して、ヒト中心の業務へ変化しています。生涯学習、それは変化に柔軟に対応してゆける力とも言い換えられますね。

今、求められている薬剤師は、人間力とコミュニケーション能力のある薬剤師です。今まで培ったノウハウや問題解決能力が必要とされる世の中です。AI社会となり薬剤師のシニア求人は社会のニーズです。